State of the Map Japan 2020

オープンストリートマップは、「自由な地図をみんなの手に」をスローガンに、日本や世界の自由につかえる地図を実現していこうと、ボランティアが草の根で作成した地図データの集合体です。わたしたちは、この活動をさらに発展させるために、オンラインカンファレンスを企画しました。

一般社団法人オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン(以下OSMFJ)では、OSM活動のより一層の浸透と企業を含む参加者同士の交流、コミュニティの活性化、地理空間情報利活用の推進、さらには、継続的なビジネスの発展と新たな市場の想像を目指し、State of the Map Japan 2020 (以下SotM Japan)カンファレンスを開催することとしました。

State of the Map(以下 SotM)は、世界中の多様な人々が紡ぐ世界地図プロジェクト OpenStreetMapの国際カンファレンスシリーズであり、OSM編集者であるマッパー、IT技術者、OSMデータを利活用・支援する企業や団体など、世界のコミュニティが一同に介するカンファレンスとして、2008年から続けられています。

日本地域においては、2012年9月に東京で行われたアジア・オセアニア地域初であるSotM 2012世界総会をスタートとして、2014年より、日本地域におけるローカルカンファレンスとして、2014年の東京、2015年には浜松と、継続して開催されています。 2017年は会津若松で国際カンファレンスを誘致し、世界各国からのマッパーによる交流を行いました。2018年には、東京の日比谷図書文化館で、図書館とOSMをつなぐ活動について議論しました。

新型コロナの流行にあたって生活様式が求められているなかで、オンラインで開催することとします。

SotM Japanでは、全世界版のSotMの趣旨および価値観をそのままに、日本および日本語でのOSM活動について、新しいアイディアや開発手法、利用方法、ビジネス事例、将来像についてディスカッションを行います。

主催は、OSMFJメンバーを主体とするSotM Japan実行委員会が行い、OSMFJは全面的に協力いたします。

開催概要

参加者の属性としては、OSM編集者、OSMデータ利用企業、地理空間情報技術者、学術利用者、行政関係者などが中心となります。 地方からの参加・発表も予定しています。

募集要項(CFP)

State of the Map Japan 2020で普段の活動内容・成果、課題や協力者の募集をしてみませんか?

OpenStreetMapに関する自由な発表が可能です。

発表は以下の概要に沿って行います。

Google Formにて発表の募集をしています。奮ってご参加ください!

ボランティア募集

State of the Map Japan 2020 ではオンライン配信のサポートなどをしてくれるボランティアを募集しています。

オンライン配信の方法などに興味ある方、大歓迎です!

募集内容

実行委員会について

State of the Map Japan 2020 実行委員会は OpenStreetMap Japan Slack にて運用をしています。 実行委員会に興味のある方は OpenStreetMap Japan Slack に Join して #70_sotmjp2020 へご参加ください。 また、議事録などは原則公開をしています。